相続に関する手続きの知識を身につけておこう

女の人

別れる時にするべきこと

女性

離婚問題の際に、養育費等の支払い等について弁護士等を間に入れて、きちんと法手続きを踏んでいる人は多くありません。そうしないと不払い時の取り立てが困難となるため、離婚時には弁護士を間に入れて協議することが大切です。

借金が返せない時

婦人

お金を借りたら返さなければなりませんが、何らかの理由で返済が困難になった時は債務整理などを利用しましょう。特に負債額が大きければ大きいほど、効力を発揮します。債務整理をしたらしばらくは新たに借り入れは出来ません。

放棄する時も手続き

説明

相続を放棄する権利

家族や親族が死亡した場合、遺言書がなければ、法定人が遺産を相続する権利を有します。但し、遺産は必ずしも正の資産ばかりではありません。借金や未払い金などの負債も含まれます。法定人が無条件に相続することも可能ですが、正の資産を超えない範囲で負債も受け取る「限定承認」、あるいは、全てを受け取らない「相続放棄」という選択肢があります。「相続放棄」は、法定人が優先順位の高い順に(あるいは全て同時に)手続きを行なう方法です。手続きは、被相続人(つまり、死亡した人)が死亡した時点の現住所を管轄する家庭裁判所で行ないます。全ての法定人ごとに、「相続放棄申述書」を記入して、必要書類、例えば、戸籍謄本や住民票などを添付して提出します。この時、被相続人が生まれてから死亡するまでの戸籍謄本や住民票も必要になります。なお、「相続放棄」の手続きは、家族や親族が行なうことも可能ですが、弁護士や司法書士等の専門家に委託することも可能です。

手続き期限は3ヶ月以内

「相続放棄」の手続き期限は3ヶ月です。但し、この3ヶ月という期限には補足説明が必要です。まず、法定人の範囲を明確にしなければなりません。法定人には優先順位があります。配偶者は常に相続人に含まれます。その上で、第1順位は、被相続人の子供で、死亡時は孫が代襲します。第2順位は、被相続人の直系尊属(父母)です。第3順位は、被相続人の兄弟姉妹で、死亡時はその子供が代襲します。ここまでが法定人の範囲となります。そして、手続き期限ですが、基本的には被相続人が死亡した日あるいは死亡が確認された日から3ヶ月以内に第1順位者が行ないます。下位順位者は、第1順位者と同時か、あるいは、上位順位者が手続きをしたことを知った日から3ヶ月以内にすることが認められています。これは、連絡が取れない状況にあった場合の配慮です。つまり、手続き期限には猶予があるということです。

専門性で勝負できます

男性

弁護士求人を見つける場合には、自分の希望や将来展望によって、専門性をもった業界での活躍なども視野に入れる事ができます。一般企業における法務部門での弁護士求人については、企業の業績によっては、部門の統廃合が実施される可能性などがある事には注意が必要です。